昭和の雰囲気漂うビーフカレー専門店「辛樹」で特製ビーフカレー!

スパイスカレーにハマればはまるほど「カレーと言えばチキンだろ!」

と考え方が変わってくることってありませんか?

ボクもその1人。かつてはカレーと言えばビーフでしたが、インドベースのスパイシーなカレーはチキンメインが基本なのです。

 

今回はインド色に染まりきってしまったカレー観を調整するべく老舗のビーフカレーのお店へ行ってきました。

城南区にある「辛樹」というお店です。

昔懐かしい雰囲気の昭和な佇まいなお店です。

DSC05507店内も昭和の喫茶店や洋食屋といった雰囲気。

大きなキッチンの前にカウンター席があり、カレーが提供されるまでをながめる事ができます。

お昼時ということもあり、すでに数組のお客さんで賑わっていました。

メニューは特製ビーフカレーを中心に、カツトッピングや野菜トッピング、コロッケなど

また、豆カレーなどもあるようです。

 

今回はまずはベースの「特製ビーフカレー」(840円)を注文

辛さやご飯の量などはけっこう細かく選べます。

DSC05506

ルーとライス、具が別々に提供されるスタイル。ごはんは普通盛りで300g、辛さは中辛で注文しました。

とりあえず、まずはルー

スプーンですくうとサラッとした感じ。でも口にいれるとかすかなトロミを感じます。

小麦粉由来のトロミではなく、玉ねぎなどの野菜や肉のうまみなどから来るとろみです。

ビーフカレーというと、ガッツリ重たいイメージがありますが、わりとあっさり食べられるのも特徴かもしれません。

野菜の甘みなどがしっかりと溶け出した上質なブイヨンをベースに作られているんだろうと感じました。

なので、カレーを食べた後の独特な後味というのも少なく、玉ねぎなどの野菜の風味が残りました。

 

うん、おいしい。

 

ビーフカレーというと、家で食べるカレーというイメージがついてしまっていてあまり注文しないのですが、辛樹の特製ビーフカレーは家では作れないプロの味であることは間違いないでしょう。

 

ごちそうさまでした!

 

店名:辛樹

場所:福岡県福岡市城南区友丘3-6-9

定休日:火曜

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です