志賀島の金印カレー!「丸美屋」で金印カレーちゃんぽん

こんにちはダッチです!

ここ最近はお店作りの忙しさと、そのために仕事を辞めて無収入なのも相まってカレー屋巡りが中々できずにおりました‥

 

そんな久々な今回は志賀島の食堂「丸美屋」で金印カレーちゃんぽんを頂いてきました!

dsc07303-1

中々趣のある外観です。最初開いてるのかわからなかったですが、勇気を振り絞ってはいってみました。

ちょうどお昼時ということもあり、地元の方らしい人たちで賑わっていました。

 

メニュー

dsc07308-1

メニューはこんな感じ。

見ての通り「丸美屋」はカレー屋ではなくお食事処です。

そんな中、一番目のつく位置に書いてある「金印カレーチャンポン」をオーダー!

 

そもそも金印カレーとは?

福岡の方は知っている方も多いはず!

志賀島は国宝である「金印」が出土した場所なのですが、金印カレーとはそんな志賀島の町興しの一環として企画された新・ご当地グルメなのです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-22-32-53

福岡市の公式サイト↑

 

そんなわけで、昔から志賀島で飲食店を営んでいる8店舗により生み出された「金印スパイス」を使用し各店の個性を活かし金印カレーというブランドで提供しているわけです。

 

金印カレーチャンポン

それでは、はい

dsc07304-1

金印カレーチャンポン(850円)

福岡市の公式ページでは750円とされていますが、情報が古いようです。実際には850円でした。

 

料理が運ばれてくると、まずはチャンポンを召し上がって頂き、その後カレーを投入。

麺を食べ終わったあとはライスインしてお楽しみくださいとのことでした。

 

とのことでしたが、カレー単体の味も楽しみたかったのでオンザライスして食べてみました。

dsc07305-1

見た目は結構、本格スパイシーカレーって感じ。

お味のほうはまず甘みがくる。そして結構辛めです。

コクや旨味は少なめで単体ではあまりライスに合わない感じでした。

 

では、チャンポンインしていきましょう。

dsc07307-1

なるほど、単体だと少し気になっていたスパイスのざらつき感も消え、チャンポンの魚介の旨味が加わりいい感じに。

あくまでもチャンポンがメインであり、その存在感を消さないように調整されているようです。

感覚としてはカレーうどんに近いですね。魚介の旨味が加わったカレースープは〆のライスともよく合います。

てなわけでごちそうさまでした〜!

 

 

関連ランキング:定食・食堂 | 福岡市東区その他

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です