山田チキンカリー原点回帰か?「山田ホテル」へ行ってきました!

こんにちはダッチです。

今回もまたまた福岡県外遠征編!

今回は大分県別府市にある有名店「山田チキンカリー」が「山田ホテル」へと改名してそのスタイルも大きく変わったとのことでしたので、早速いってきました!

 

山田チキンカレー、、いや、山田ホテルはしょっちゅう提供スタイルが変わってしまうのでそれが面白くもあり、気になるメニューがあればすぐに行かないと二度と食べれないかもしれないというエキゾチックさがあります。

 

本ブログでも取り上げたのですが、2017年に入ってから「ジャパニーズインドカレー」という新たなスタイルでスタートした山田チキンカレーですが、わずか半年でまたもや大きな変化を遂げたというわけです。

前回の記事はこちら↓

2017年から大きくスタイルを変えた「山田チキンカリー」へいってきました
こんばんは!ダッチです。 今回は福岡ではないですが、大分県別府にある行列ができるカレー屋さんである「山田チキンカリー」へ行って来ました! なんでも、2017年度は本日1
メニュー

IMG_5693

画像が見にくくて申し訳ないですが、メニューはこちら!

 

前回のジャパニーズインドカレーとやらは完全に無かったことになってますね。

上から順に

  • チキンカリー
  • チキンコルマ
  • ビーフカリー
  • ビーフコルマ
  • バターチキン
  • パラクチキン
  • チキンビリヤニ
  • ビーフビリヤニ

となってます!ちなみに、これら全部が選べるわけではなく、日替わりで選べるのはこの中から2種類ぐらいとなるようです。

ちなみに、本日はパラクチキンとビーフビリヤニでした!

 

店内

DSC07932-1

今回はメニューの内容だけでなく、内装も大きく変わっています。

まず、一蘭のような壁で仕切られたテーブルはなくなり、立ち食いスタイルとなっています。

 

DSC07933-1

この辺は前から結構そうでしたが、飲食店とは思えない殺伐とした雰囲気!

シャッターはほとんど降りており、開いてるかは一見わかりません。

店内にはヒンドゥー語のラジオがBGMとして響き渡ってます。

 

アジアの飲食店って、立ち食いは置いといてこんな殺伐としたところ多いですからね。

もしかすると、本場インドをリスペクトした演出なのかもしれません。

 

 

実食!

今回、二人でいったのでパラクチキンとビーフビリヤニの2種類をオーダー。

まずはこちらがパラクチキン

DSC07934-1

提供スタイルとしては、今までと比べてよりシンプルになった!と感じました。

メインのカレーとロティと晒し玉ねぎ。玉ねぎにはクミンをベースにしたスパイスが掛かっており、付属のレモンを絞って頂きます。

 

DSC07936-1

ちなみにパラクチキンとはざっくりいうとほうれん草のチキンカレーです。

完璧なまでにオイリーな北インド仕様のカレーです!辛さは今までに比べると抑えられてるかなと思いました。

そして、今まではライスが選べたはずですがロティのみにして正解なきがします。粉物が合う合う。

 

続いてはビーフビリヤニ(煮卵つき

DSC07938-1

こちらもカレー同様に晒し玉ネギに加え、チキンベースのグレイビーとライタ(ヨーグルトベースのあれ)がついてきます。

パキスタンの方がやられてるお店なんかでビリヤニを頼むと凄い量がでてきたりするのですが、これはその半分ぐらいです。ハーフサイズってやつですね。

まあ、普通におかないっぱいになる量ですw

 

チキングレイビーがついてるからなのか、ビリヤニ自体は薄めの味付けでトロトロのビーフが2切れはいってます!

ライタは今まで食べたことがある中で一番シャバシャバで水ぽい感じ。ヨーグルトの上澄みをすくった部分のようなそんな感じ。

チキングレイビーはヨーグルトでどっしりとしたタイプで強い味です(好み

 

そして、これらをかけます

DSC07939-1

必要な分だけスプーンですくってかけて、うまいこと混ぜながら食べます。

いやー、美味しい!

 

まとめ

もともと北インドをテーマにして、一度ジャパニーズインドカレーという冒険を果たした山田チキンカリーこと山田ホテルですが、またかつてのスタイルであった「北インドスタイル」に原点回帰した。そんな印象を受けました。

個人的にはこちらの方が好きなので嬉しい変化です。本当はバタチキがたべたかったのでまた来なくては〜ではまた!

 

ps.なぜ「ホテル」なのかということですが、東京にある人気インドカレー店「サンバレーホテル」のオマージュではと思いますw

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です